2016-12-24

setting 2 sims

二つの独立したシミュレーションを作成し、片方をもう一方によってコントロールする方法をこちらにまとめました。

2016-12-06

pyro noiseless rendering

Pyro レンダリング時のノイズの低減方法についてこちらにまとめました。

2016-11-28

Point Cloud Building

ポイントクラウドを使ってビルを作成する方法をこちらにまとめました。

2016-11-23

toonshading smoke

スモークボリュームにトゥーンシェーダをアサインする方法をこちらにまとめました。

2016-11-21

toonshading

Houdini 15.0 以降での、従来よりも簡略化されたトゥーンシェーダの使用法をこちらにまとめました。

2016-11-16

python py location

Houdini で Python を使う際の*.py 格納位置についてこちらにまとめました。

2016-11-03

2016-10-30

normal maps in COP

Houdini の合成モジュールである COP (Compositing Operators) だけで法線マップを作成する方法についてこちらにまとめました。

2016-10-26

Updating Windows Intel HD driver (Dell)

Houdini 14 より、Intel HD ビデオカードに公式に対応するようになった。ただし、ドライバ 10.18.10.3496以降が必要 (対応ビデオカードの詳細はこちら)。Dellのラップトップの一部の製品 (例: Inspiron 15R, 2012年製造) などでは、Dell のサポートページ経由からのドライバオートアップデート機能を使ってもインストールできる一番新しいバージョンは 9.17.10.3040 だったりする。このバージョンでは、Houdini 14は起動時に Segmentation fault を起こし起動できない。

これより新しいのをIntelのWebサイトから自分でダウンロードしてインストールしようとすると、
The driver being installed is not validated for this computer ... Setup will exit.
となり、インストールできず。よって、ここではこれを回避してドライバをアップデートのための方法を示す。

なお、ここから先に進むのは自己責任でお願いいたします(なお、当方英語Windowsしかないのでダイアログはすべて英語です)。

手順 (2015/3/30 時点)

  1. Intel のドライバダウンロードページへ行く。
  2. win64_15332.zip をダウンロード。必ず ZIP でなければならない
  3. ダウンロードした ZIPをデスクトップなどわかり易い場所で解凍。
    • 解凍したディレクトリ以下の Graphics/igdlh64.inf を後ほど参照する。
  4. Device Manager を起動。
  5. Display adapters の下の Intel(R) HD Graphics 4000 をダブルクリック。
  6. Driver タブに行く。ここ現在インストールされているドライバのバージョンおよび日付が確認可能。例えば、私のは
    • Driver Date: 2013-09-26
    • Driver Version: 9.17.10.2867
    であった。
  7. Update Driver... ボタンをクリック。別パネルが現れる。
  8. Browse my computer for driver software をクリック。次に移る。
  9. Let me pick from a list of device drivers on my computer をクリック。

    次に移る。
  10. 右下の Hard Disk... ボタンをクリック。別パネルが現れる。
  11. 右下の Browse... ボタンをクリック。

    ファイルブラウザを使って解凍したディレクトリ以下のGraphics/igdlh64.infを選択。Open をクリック。元のパネルに戻ったら、OKをクリック。
  12. Next ボタンをクリック。アップデートが開始される。

  13. 終了したら Close を押す。
  14. 開いたパネルをすべて閉じ、PCを再起動(自動的にはされない)。
おしまい。

2016-10-03

rop in hython

Hython (Houdini Python) を使ったキャッシュファイルの出力方法についてまとめました。


2016-09-15

ftp サイトディスク不良 (修正済み)

この問題は修正されたはずです。お手数をおかけいたしました。

先日起きた ftp.sidefx.com でのディスク不良により、ここからリンクしていたファイルが消えてしまいました。完全復旧までには時間がかかります。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

2016-09-12

voronoi uv


Voronoi で破砕したオブジェクトの断面に UV を設定する方法をこちらにまとめました。

2016-08-28

game dev explosion loop spritesheet


Game Development Toolset の Explosion Looping からスプライトシートを出力する方法をこちらにまとめました。

2016-08-22

bgeo import with HDA

HDA (Houdini Digital Asset) を作成して .bgeo ファイルフォーマットを Maya に読み込む方法を紹介する。


2016-08-18

rbd fbx export to unity

Game Development Toolset の VFX Samples の一つである Destruction Simple からの FBX 出力による Unity への読み込みについてこちらにまとめました。

2016-07-29

Game Dev Explosion Looping

Game Development Toolset の VFX Samples の一つである Explosion Looping についてまとめました。

2016-07-26

Game Development Toolset


Game Development Toolset は SideFX が提供するゲームコンテンツ制作で便利なツール集。

についてまとめました。

2016-07-20

voronoi rbd maya

Houdini Engine for Maya プラグインを経由して RBD シミュレーションを Maya に持って行き、最終的に Maya で作成したオブジェクトでシミュレーションが出来るようにする方法を以下にまとめました。

2016-06-12

Ray SOP

Ray SOP を使った 解像度に依存しない ペイントデータの表示方法をこちらにまとめました。

2016-04-26

C3D Import

Python を使った Vicon の C3D ファイルフォーマットの読み込みに関してこちらにまとめました。

2016-03-06

houdini engine for Maya

Houdini Engine for Maya を使ったデータの取り出し方、表示方法についてまとめました。

  1. デバッグメニューによる MayaデータのHoudini内での確認
  2. Fluidの速度ベクトルの表示

さらにビューポートのテクスチャ表示の扱いに関する改善点 (15.0.398より)。

2016-02-19

copy stamp

Houdini の Copy Stamp の機能の基本的な使用法、そして頂点カラーとマテリアル設定によるコントロールを以下の3つにまとめました。

  1. Copy Stamp の機能の基本的な使用法
  2. 頂点カラーによるコントロール
  3. マテリアル設定によるコントロール

2016-01-15

pscale from camera distance

カメラからパーティクルまでの距離を算出し、それを元にパーティクルの大きさ (pscale) をコントロールする方法をこちらにまとめました。

2016-01-11

FLIP Fluid でオブジェクトの浮遊


2017-10-03: Houdini 16 対応のため内容を更新。

Houdini のFLIP Fluid 上にオブジェクトを浮かばせる方法を

  1. 単一オブジェクトの場合
  2. 複数オブジェクトの場合
と別けて紹介。

2016-01-08

packed primitives

Houdini で大量に複製された大規模データなどを扱う際に低メモリ、低ディスク容量化を可能にする Packed Primitives の使用方法をこちらにまとめました。