2018-02-09

Houdini Core

基本的に Houdini Core は Houdini FX のライセンスを使用しない。つまり、あるライセンスサーバに Houdini FX と Houdini Core の両方がある場合でも、安価な Houdini Core によって高価な Houdini FX のライセンスが枯渇するというようなことはない。

しかし、Houdini 16.5.381 より、Houdini FX のライセンスを使って、Houdini Core を起動することが出来るようになった。これにより Houdini Core の評価・検証が、Houdini Core のライセンスを持っていなくとも出来るようになった。以下は Houdini Apprentice でも Houdini Indie でも可能。

要: デイリービルド: Houdini 16.5.381 以降


1. houdini -core

Houdini の Command Line Tools または Cygwin で以下のように

$ houdini -core 
とすれば、起動する Houdini は、Houdini Core のライセンスを見に行く。Core のライセンスがなければ、hkey (License Administrator) が立ち上がる。

2. houdini -core -force-fx-license

上と同様、コマンドラインで

$ houdini -core -force-fx-license
とすれば、Houdini は、Houdini FX のライセンスを使って Houdini Core 起動する。この場合、FX のライセンスがない場合、Core は起動しない。

コマンドラインを使いたくなければ、Houdini 16.5.381 デスクトップアイコンのターゲットの部分に

"C:\Program Files\Side Effects Software\Houdini 16.5.381\bin\houdini.exe" -core -force-fx-license
と記述すれば、ダブルクリックした時には、Houdini Core が起動する。

3. Houdini Core で Houdini FX で作ったファイルを読む

Houcini Core は、Houdini FX で作成したシミュレーションを読み込み、再生したり、レンダリングしたりすることが可能。つまり、Houdini Core をライティングツールとして使用することも出来る。

Core で FX からのシーンを読み込んだ場合、シミュレーションのノード、つまり AutoDopNetwork など以下のノードのパラメータはグレーアウトされ、編集が出来ない。

しかし、再生したり、レンダリングは可能。

おまけ

  • これは Houdini 16.5.381 から可能。プロダクションビルド 16.5.378 では不可。
  • Houdini Core は、2012年夏ごろまでは Houdini Escape と呼ばれ、その後 2017年初旬までは Houdini または Houdini Base と呼ばれていた。


最終更新: 2018-05-24

0 件のコメント:

コメントを投稿